排水口つまりを解消する段階的な方法

排水口つまりの原因には時間を掛けて問題が表面化する経時的なものと、急に発生するケースがあって、大きく2つのパターンに分けられます。前者の経時的なものは汚れや水垢の蓄積が代表的で、知らずしらずの内に見えない部分に汚れが溜まり、やがて水が流れにくくなることで排水口つまりが発覚します。定期的なお手入れをしていても汚れの蓄積は避けられませんから、プロによる排水パイプ内部の確認や必要に応じた対処が必要です。一方、後者のパターンは排水口に水の流れを妨げる物を落としてしまったり、水に溶けない物を大量に流すケースが挙げられます。

急に発生した排水口つまりは、小手先の対処では解決しないことが多いですから、物理的につまっている物を取り除く対処が不可欠です。排水口つまりを解消する最も簡単な方法は、パイプクリーナーを投入して30分から1時間ほど置き、大量の水で一気に洗い流すやり方です。パイプクリーナーには髪の毛や皮脂、石鹸カスなどの汚れを溶かす成分が含まれているので、これらがつまりの原因なら解消します。1回で解決しなくても、改善が見られるなら2回3回と繰り返すことによって、段階的につまりが解消していくはずです。

何度繰り返しても改善の兆候が見られない時は、いわゆるラバーカップで空気を送り込んだり、逆に吸うようにすると改善します。プロに任せずに解決できる排水口つまりの最終手段はワイヤーブラシで、長いワイヤーを挿入して汚れやつまっている物を掻き出すのが効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *