水のトラブルトイレ詰まりの原因

水のトラブルで多いのが、トイレ詰まりで棚にある置物・眼鏡・掃除用のスポンジ・スマホ・おもちゃ等をトイレに落としたまま流すと詰まりの要因になります。水にとけない異物は、薬剤やラバーカップでは直せないので、直に取り除く必要がありあまり奥の方に詰まると個人での修理が困難に。水トラブルでトイレ詰まりの原因で最も多いケースは介護・生理用品で、パットやオムツ等は、商品の注意書きにも書かれていますが、トイレに流すとトイレ詰まりの要因。もしトイレに流した時は便器を取り外し、異物を直に除去する必要性が出てくるでしょう。

便器や排水管の奥に異物が流れてしまうと、個人では除去が困難になる上に業者に除去をお願いした時の修理費用が高くなるので、奥に流し込んでしまうことは避けねばなりません。異物の例で次点に多くなるのはプラスチック製品で、例を挙げると掃除用具の先端・メガネ・入れ歯・子供用おもちゃ等になります。掃除中の不注意や子供がおもちゃを誤ってトイレに流すことが主なトイレ詰まりの原因となるので、古い掃除用具を交換したり、子供におもちゃをトイレに持ち込ませないといった工夫をするといいでしょう。紙おむつ等には吸水性ポリマーが含まれていて、水を吸うと元の2~3倍の大きさになるので、例え使用済みでも油断はできません。

水のトラブルで、全体が水に浸かってしまうとそこから更に膨れ上がってしまうので、水を吸う異物」を流してしまった時はなるべく早急に除去を考えましょう。水のトラブルで業者に頼む場合は、できるだけ早く家に来てくれる会社を選ぶのがポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *