怖いシロアリの被害も家の雨漏りが原因のひとつ

シロアリの被害は今ではよく知られるようになり、最終的には家の土台部分をすかすかにして強度を著しく落とすことも理解されるようになりました。そもそもシロアリは雑食性でなんでも食べる生き物なのですが、特にシロアリが好む環境が湿気の多いところだといわれています。雨漏りによって家のあちこちに水がたまり、家を支えている躯体部分に使用されている木材が湿気によってくさるような環境こそ、シロアリにとっては格好の住処になります。そして建物の構造上とても重要な部分に当たる土台や通し柱などがシロアリによって被害を受けると、最終的には建物が倒壊してしまう危険性まである、とても恐ろしいものなのです。

家を壊してしまうほどの猛威をふるうシロアリにとって、雨水に浸食された家ほど居心地の良いところはないのだとしたら、とにかく雨漏りを発見したら絶対に放置したりせずすぐに対処することが必要です。雨漏りというと、なんとなく天井などから滴り落ちる雨水を想像し、その部分だけが雨にぬれているようなイメージを持ちがちですが、雨がもっている部分まで侵入経路からずっと雨が伝っていてたまりきれなくなった部分が滴り落ちているため、目に見えて雨水が漏れている状態まで進んでしまうと、雨漏りとしてはかなり重症な状態だといえます。雨の侵入経路として考えられるのは屋根や外壁の劣化部分、ベランダなどですが、まずは雨漏りが見つかったらすぐに業者に相談することが大切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *