屋根塗装の亀裂を確認しながら雨漏り修理

屋根塗装の塗膜は自然に経年劣化しますので、できるだけ定期メンテナンスを工務店に依頼しておきましょう。新築してから十年以内であれば、無料でメンテナンスを実施してくれる場合が多いので、必ず利用しましょう。無料のメンテナンスは、基本的に目視確認のみとなりますが、トラブルの早期発見には役立ちます。新築だからといって油断できないのが塗装です。

塗料を塗装して乾燥すると塗膜になります。塗膜は硬くなっている状態なので、保護膜として機能しています。アクリル系塗料の場合は帆試用期間が三年程度になります。保証期間を過ぎても問題ない場合が多いのですが、直射日光が当たり続ける場所は紫外線による劣化は大きいですし、地震で建物が歪んだときは、硬い塗膜は影響を受けます。

塗膜に亀裂が発生していなければ、トラブルを予防できます。万が一、室内に雨漏りが発生してしまった場合は、工務店に連絡しましょう。屋根塗装の塗膜を調査して、亀裂の有無を確認してもらえます。雨漏り修理は有料となりますが、屋根塗装の亀裂を補修するだけで雨漏り修理できる場合は、定期メンテナンスの範囲内で施工してもらえる場合が多いです。

雨漏り修理と言っても、防水コーキング剤を塗布するだけで簡単に修繕できる場合もあるからです。屋根塗装の塗膜は、天気の良い日に確認してもらいます。屋根の上に登って作業するので、できるだけ工務店に依頼しましょう。自分で確認したい場合は、安全に目視確認できる範囲内にとどめておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *