故障箇所による水漏れの修理

蛇口がきっちりしまっていてもぽたぽたと水が滴ってくるのは、多くの人にとって気になるものです。そのような蛇口の水漏れの修理をするには、原因がパッキンの劣化にあるものであれば自分で直すことができる場合もあります。蛇口のパッキンは経年劣化によって、水が漏れやすくなってしまいます。そのため古くなったものを交換することで水漏れの修理が可能です。

しかし蛇口のどこから漏れているかによって必要になるパッキンの種類は違いがあります。形状が違うので、交換する場所に合ったものを選ぶ必要があるでしょう。このようなことから良く分からないという場合や、工具を持っていないという場合には工事店に依頼した方が早く直せる可能性があります。水道の蛇口に到達するまでの給水管から水が滴るということもあるものですが、その場合の水漏れの修理も水道工事のプロに依頼するのがおすすめです。

ひどく水が漏れているという場合には、水道の元栓を閉めてそれ以上流れないようにしておくと良いでしょう。少量の水が漏れていて、すぐに工事を依頼できないというときには配管の補修に使う専用のテープを使って応急処置をしておくことをおすすめします。排水管から水が漏れる場合も補修用のテープで応急処置をすることができる場合もありますが、早めに水漏れの修理を工事店に依頼して済ませる方が良いでしょう。また壁や床などの見えない部分から水が漏れていることが分かった時には、放置することなく早く対処するのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *