水漏れの修理をする方法

水漏れの修理が必要な時には、住まいの自治体指定の工事会社に依頼して直してもらいます。蛇口の漏れなどのパッキンを交換して直せるようなものは自分で直すことも出来ますが、そうでない故障は地域の工事会社に連絡をしてみてもらうとスムーズです。水漏れの修理を依頼するときにはあらかじめ見積もりを出してもらい、内容について納得した上で作業してもらうようにします。1社で決めてしまうよりはできるだけ複数の会社で見積もりを出してもらい、比較して決めるのがおすすめです。

工事の金額が高過ぎるように思えるときには、すぐに契約をしないで他の会社にも見積もりをしてもらうようにします。漏れている水の量が多いときには、水道の元栓を閉めてそれ以上流れ出ないようにしてから工事会社に連絡をすると良いでしょう。水が漏れていると気持ちが焦るかもしれませんが、元栓を閉めればそれ以上は流れないので冷静に判断することができるはずです。それ程多くの水が漏れているわけでなければ、すぐに水漏れの修理を依頼できないときには、配管補修に使うテープを使って応急処置をするのも良いかも知れません。

その場合も元栓をしめて水を止めてから、漏れている部分にしっかりと巻き付けて水を止めます。蛇口の水漏れの修理は、パッキンの劣化が原因であれば交換して直すことも可能です。蛇口も幾つものパーツでできていますが、形のあった替えのパッキンをホームセンターで購入してくれば、工具と知識が荒れは交換できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *