浴室のリフォームにはどれくらいの期間が必要か

体の汚れを落としたり、その日の疲れを癒すための場所として、浴室を使いやすいように保つことは非常に重要なことです。そのため必要に応じては、リフォームを行うことを検討する必要もあります。リフォームを行うとなると、その間は浴室を利用することができなくなります。ただどれくらいの期間がかかるかは、リフォームの内容により大きく変わってきます。

まずあらかじめ規格が決まっているユニットバスから、新たなユニットバスに変更すると言う場合は、3~4日程度と言うのが一般的です。バスタブだけを交換すると言うのであれば、これは短いと1日で終わることもあります。ユニットバス全体、床や天井、壁なども改めると言う場合には、もう少し期間が長引くことが予想されます。更にミストやジェット機能などをつけたいと言う場合は、そこから数日、プラスされることも考えられます。

浴室のタイプにはユニットバスの他に、在来式のタイル式と呼ばれるタイプのものもあります。こちらはデザインなどの規格がないため、これをユニットバスに交換しようと言う場合には、5~7日程度と長い期間が必要になるのが一般的です。タイル式の床、壁、浴槽なのでそれを壊し、基礎工事が必要になることもあるので、そうなると期間が長引きやすくなります。それほど大まかなリフォームを行わないと言う場合、たとえば手すりをつけるとか、脱衣所から浴室の段差を解消するための台を設置するなどの場合には、1日かからないが普通です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *