浴室のリフォームについて

住宅に長年住んでいると使い勝手が変わってきたり、高齢化して来ることは避けられません。それに従って動きも多少変化して来て室内など段差の少ないバリアフリーにする必要も出て来ます。浴室はその典型的な部屋であり、もし細長い浴槽で一方に傾斜がついている場合は湯船に浸かった状態で居眠りなどを行うと、そのまま浴槽内の湯の中に沈んで溺死する可能性もあります。その場合には立ち上がりが直角なもので適切な大きさのものと取り替えることも必要となる場合があります。

床は滑りにくい材料に変えたり、浴槽へ入る境目当たりに手すりを取り付けておくと安全に入ったり出たりすることが出来ます。段差は極力なくし、介護用に車椅子に乗ったままで浴室内に出入りしてこれを使うことも出来ます。浴室と脱衣室で冬場温度差が大きくなる場合は床暖房にしたり、浴槽も断熱浴槽にすることで冷めにくいものにすることが出来ます。またマッサージのような効果を持つジェット噴射式浴槽に変えることで疲れもとれ最近は人気があります。

断熱性からいうとユニットバスが効果を持ち、リフォームでこれに取り替える場合もあります。掃除も隅々まで簡単に行えますし、手すりを取り付けることも出来ます。浴室の壁をガラス貼りにするという方法もとれ、これだと風呂に入った人の確認ができるという点ではそれなりのメリットになりますが、むしろ若い層向けのリフォームになるかもしれません。リフォームを行うには複数の業者の見積をとることが相場を知る上では大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *