タンクレストイレを修理

タンクレストイレはタンクを置かなくて良いトイレのことです。商品によってタンクを内蔵していたり、水道と直接繋げて洗浄できるように工夫しています。タンクがないのですっきりとした見た目になりますし、水を溜めないのでカビが発生しにくいなどのメリットがあります。しかし、トラブルが起こってしまうことはあるため、修理方法を確認しておくのがおすすめです。

タンクレストイレは節水しているから詰まりが起こりやすいと考えている人もいるでしょう。しかし、詰まりやすさについては従来の商品とほとんど変わりません。寧ろ従来の商品よりも詰まりにくいように工夫されていると言われています。ですが、トイレットペーパーを大量に流してしまった時や。

異物を流してしまった時などは詰まりが発生してしまうことがあります。詰まりが発生した場合、ラバーカップを使って修理するのがおすすめです。また、ワイヤーブラシや高圧洗浄機を使ってみるのも良いでしょう。しかし、これらは使い方が難しいこともありますし、ラバーカップを使っても直らなかった場合は業者に頼んだ方が良いかもしれません。

タンクレストイレはタンクが存在しないため、従来の商品のようにタンクの破損が原因で水漏れが起こることはありません。ですが、便器と床の接地面から水漏れが起こってしまうことはあります。これは設置不良や内部のパーツの劣化が原因です。水漏れの場合は基本的に自力で修理することができないため、業者に相談しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *