賃貸物件のトイレ修理

トイレの詰まりや水漏れが発生した場合、焦ってすぐに業者を呼びたくなるかもしれません。持ち家であればすぐに対応すべきですし、専門の業者に依頼すれば効率よく修理してもらえます。しかし、賃貸物件で生活している場合、修理の前に契約書を確認する必要があります。物件によっては管理会社で対応していることもありますし、手配する業者が指定されていることもあるので注意が必要です。

きちんと確認しなかった場合、支払わなくて良かった料金まで自己負担することになってしまうかもしれません。契約書に記載がなかった場合、管理会社や大家に相談するのがおすすめです。記載がなくても管理会社が対応してくれることがありますし、手配する業者が決まっていることもあるためです。相談しないで勝手に行動した場合、全額自己負担になったり重症化した際の修繕費を要求されてしまうこともあります。

また、トラブルが発生した原因についても伝えられるようにしておくべきです。現場の写真を撮影しておけばスムーズに伝えられるようになるでしょう。トイレで詰まりが起こった場合、もともと設備に不備があって起こることもありますし、経年劣化が原因となることもあります。その場合は管理会社が費用を負担してくれることがほとんどです。

しかし、ペットの糞やティッシュペーパーなどを流して詰まりが発生した場合、自己負担になることが多いです。トイレは基本的に人間の排泄物以外流せないことを知っておきましょう。トイレの使い方に問題がなかった場合、基本的には修理費用の負担もなくなることを覚えておくべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *