戸建て住宅の水道修理で必ず使用する道具とは

我々の暮らしに欠かすことができない水は、戸建て住宅はもちろんのことマンション・アパートであっても水栓器具からいつでも水を確保できるようになっています。キッチンや洗面所・浴室など最低でも3つ以上の水栓器具が、どのご家庭にも備わっていて家族全員で共有します。戸建て住宅の場合は集合住宅とは異なり、水道管も各家庭専用となっているのが特徴です。そのため、もしも水栓器具を使用している最中に水道詰まり等のトラブルが発生しても、個人で修理をすることが可能です。

水道修理は水栓器具を使用するうえで、避けては通れないものです。どのご家庭でも蛇口からの水漏れが止まらない・水が出てこないといったトラブルは1度は経験されていることでしょう。この問題が起きた時は迅速に修理をしないと、快適に水を使用できなくなります。集合住宅の場合は、水道管は共有施設となるので個人で修理をすることができません。

しかし戸建て住宅だと個人所有になるので、水道修理をセルフ対応でおこなえます。戸建て住宅の水道修理をする場合、まずは道具を揃えることから始めます。必須となる道具としては「水栓プライヤー」です。この「水栓プライヤー」とは、一般的なプライヤーとは異なり、先端部が塩ビ加工されているのが特徴です。

これにより水栓器具の取り外しと取り付け時に力を加えても器具本体に傷をつける心配はありません。ホームセンターで980円前後で販売されており、水道修理をセルフ対応する際は購入しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *